アプリ制作:FOXWEAVE

サイトを運用して利益を上げる、また効果的なプロモーションを展開するために必要なことを項目ごとに分けて記載しています。

◆サイト制作の依頼のポイントは?◆

「どんなサイトを作りたいのか」をはっきりさせていることが、よい制作会社に巡り合える可能性を高めます。
なぜなら、「このようなサイトを作りたい」という要望をいえることが、その制作会社の能力を見極められることにつながるからです。

そのためには「対応する制作サービス内容」「これまでの実績」「料金設定」を考えて、「ECサイト 制作」などで検索をして企業に問い合わせて下さい。
「対応する制作サービス内容」とはサイト制作時に「ワイヤーを誰が作るか」「デザイナーは存在するのか」「javascriptには対応しているのか」「エンジニアは存在するのか」ということです。これは「どのようなサイトを作りたいのか」また「そのサイトでどんなサービスを展開したいのか」ということと密接に関係しています。優秀な制作会社はこれらの要望全てに応えることができます。クライアントが要望するWEBを作り上げるということは、その要望をしっかりとヒヤリングして具体的なワイヤーとディレクトリマップに落とし込むことです。それが可能なスタッフが存在することで、サイトの完成度は格段に上がるといっていいです。
「これまでの実績」は制作会社側が最もアピールしやすい項目なので、そこから実際に出来上がったサイトをしっかりと確認することが大切です。デザインのよさを含めたユーザビリティの高さを、制作したサイトで確認することができるからです。その時にシステムが入っているか・使いやすいかまで確認できればなおよいです。重要な点は「大きなサイトを手掛けた」ということよりも、「小さなサイトでも完成度が高いか」ということです。これが分かればよい仕事をしてくれるかどうか判別がつくからです。
「料金設定」は見積もり依頼をしてみなければ分からないものですが、大手よりも小中のサイト制作会社の方が圧倒的に費用が安いといえます。理由は、大手WEB制作会社になると人件費が高くなるために、見積もりを高くせざるを得ないからです。確かにJavascriptの担当者などは大手の方に優秀なスタッフがいることが多いですが、ディレクターと折衝を重ねれば状況ははっきりしてきます。大手だと「ひとつのタグを修正しただけで50,000円」などということが本当にあるので、法外な値段になっていないかチェックをする必要があるといえます。

このような項目を確認することでサイト制作の見積もりを依頼してみて下さい。

◆SEO依頼のポイントは?◆

SEOを依頼するときのポイントは「現在の実績」「費用」「担当者の対応」ということになります。
「現在の実績」は「SEO企業はSEOで上位表示させて仕事をとる」ということに尽きます。つまり「SEO 東京」などのワードで既に上位表示を達成しているということです。「SEO」というワードや「ECサイト制作」などのWEB系のワードは激戦区となり、上位表示が容易ではありません。そのために「現在の順位がはっきりしているもの」がSEO会社選びの指標となります。
「費用」は不当に高額になっていないかのチェックは常に必要であるということです。ワードによってSEOの相場というものは確かにあるものの、業者でばらつきがあるのが正直なところです。それでも「この額なら毎月払える」「総検索数と流入率・CV率を考えてここまでは出せる」という計算は成り立ちます。あくまでCV率を上げて収益を増すためのSEOということを忘れないでください。
「担当者の対応」が誠実であれば、不当に高いSEOの請求にはならないと考えられます。そのSEO会社に電話で問い合わせてみてどのような施策を行うのかを聞くこともよいです。その中で費用・期間・施策内容・具体的な上位達成ワードを確認し、その制作会社が信頼に足るかどうかを判断できます。

SEOを依頼するときは条件面の確認を怠らないようにして下さい。

◆スマホアプリの制作と開発◆
これからはスマホサイトとともにスマホアプリが非常に重要になってきているので、業者は必ず作成する必要があります。
かつてはスマホサイトが重要と言われていたので、スマホサイトを持っている業者は非常に多いと思います。
そのスマホサイトを短納期・低価格で納品できるのがアプリ制作のアプリルというサービスです。
アプリルは現在あるスマホサイトから簡単にスマホアプリを作ってくれるサービスです。
プッシュ通知があるので業者側としてはアプリがあってマイナス面は何もありません。
アプリルのような信頼できるスマホアプリ開発業者を探すことが必要です。

◆サイト制作とキャッシング◆

以前ほどではなくなったとはいえ、キャッシング系のサイトでは確かに儲けることができます。
それはサイト制作においてデザインがキャッシング系のサイトだと未発達なこととも関係があるでしょう。
そのためキャッシングブラックのユーザーをとらえるにはユーザビリティとデザインが重要です。
その上でSEOを行ったキャッシング系サイトなら、間違いなく成功することができるでしょう。

キャッシングブラックの確認